アニドリル

アニメを中心に映像作品全般の感想・雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電脳コイル 第13話

最後の首長竜

タイトルのとおり、出ました首長竜。
イリーガルというより、UMA。未確認生物。

20070805013431.jpg

前回はヒゲの文明で意表を突かれ、大いに笑わせてもらったけど
今回はストレートに首長竜とそれを守ろうとする子供達のお話。
なんとなく想像がついていたが、前回と打って変わって
感動系のエピソードだった。

今回の主役は電波
空き地で見つけたイリーガルを首長と名付け、世話をしていた。

よく半年も騒ぎにならなかったなと思う反面、町の中には意外と
こういう誰も知らない、誰も気にとめない秘密の場所があり、
それを子供達だけが、その旺盛な好奇心ゆえに見つけてしまうというのは
心惹かれるものがある。

前々からこの作品について思っていたことだが、
かなり、童心をくすぐるものがある。
子供の頃というのは日常のすぐ鼻先に小さな冒険が転がっていた。

この作品はアニメとして電脳空間という設定を用いることで
冒険の舞台やお宝、果ては未確認生物など、
現実世界で子供達が空想の中に見いだしていたものを
より顕著にビジュアルとして具現化してしまった。

それでも、基本的には日常のすぐ近くで起こる冒険に違いないことが
童心をくすぐってやまないのだと思う。個人的な意見だけど。

そして電脳空間が現実の空間に併設してあるというのは
秀逸なアイデアだなあと今更ながら。

20070805013600.jpg


話がだいぶ逸れたけど、
首長竜の住処の空き地で工事が始まることになり
急遽引っ越しを余儀なくされる。

仲間達は引っ越しのルートと引っ越し先を探して町を奔走。
引っ越し先は運良くヤサコが発見する。
ヤサコには古い空間を感知する能力があるんだろうか?
どうもこれが今後の伏線となっていそうな予感がする。

ところが問題の引っ越しルートで問題が発生し、
ハラケンは例のおばちゃんというコネを頼ってみることにする。

20070805013642.jpg

おばちゃん(本名:原川玉子)

せ、清純女学院(笑)・・・

って本当に女子高生だったの?w

てっきり永遠の17歳と同じ類のアレかと思っていたら驚かされた。
空間管理局はバイト?客員顧問って肩書きは能力を買われての特別待遇か。

結局おばちゃんの強力は得られず、自力で作戦を決行することになる。
フミエも駆けつけ、引っ越し作戦が本格的に動き出す。

ところが、そこは子供らしいずさんなミスや、予想外の事態が重なり
結局計画は失敗に・・・。
20070805013657.jpg

そして電波の悲痛な叫びが木霊する。

『首長ァァァーーーーーーーーーッ!!!』

結果的には、大人を信用出来ない子供達だけで完結した世界では
首長を救う力を持つことは出来なかった。
そんな子供ゆえの無力を描いた、なんともやるせない回だった。

気づけばあっという間に1クールが終了し、次回は総集編かな?

ところで首長竜と少年の交流、冒険を描いた作品といえば、
やはりこちらも外せない。






スポンサーサイト

テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/08/05(日) 01:45:26|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<天元突破グレンラガン 第19話 生き残るんだどんな手段を使っても | ホーム | 精霊の守り人 第18話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anidrill.blog114.fc2.com/tb.php/14-c9e76dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:電脳コイル/第13話「最後の首長竜」

品質評価 22 / 萌え評価 12 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 22 / お色気評価 4 / 総合評価 14レビュー数 127 件 カンナの日記を手がかりに、古い空間を見つけたヤサコとハラケン。そこは電脳霧が立ち込めるグラウンドだった。そこでヤサコたちはイリーガルの
  1. 2007/09/18(火) 19:20:15 |
  2. ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

プロフィール

anidrill

Author:anidrill
映像学科卒
アニメ、映画、漫画大好き

☆☆当ブログはリンクフリーです☆☆
☆☆関連するTBも大歓迎☆☆

お気軽にコメント残してください。
感謝を込めてお返事させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。