アニドリル

アニメを中心に映像作品全般の感想・雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天元突破グレンラガン 第18話

人類殲滅システムが発動し、ニアは反螺旋族としての人格に豹変。
そして今週、いよいよシリーズ冒頭からの謎が明らかに。

前回の戦闘により市街に甚大な被害が出たことで市民の不満が噴出。
その矛先は新政府に。

20070729101309.jpg

ってキタンが電話の苦情対応かよw
こいつらにクレイマーの相手させたら火に油だと思いますよ、ロシウ補佐官・・・。

一方その頃シモンはニアの行方を捜していた。
そんなシモンを本部に連れ戻すためにギミーとダリーがやってくる。

20070729101403.jpg

ダリー(*´д`*)  正論でシモンを説得。
可愛い上にお利口さん。ヒロインはダリーでよろしい。

ギミーとダリーの制止を振り切ってニア捜索に奔走するシモン。
ふと思い立ち、かつての仲間のもとへ立ち寄ってみる。
そこに期待したニアの姿はなかったが・・・。

20070729102133.jpg


レイテとマッケン。作中では初めて名前を呼ばれた脇キャラ。
下はその子供達で、赤ん坊とレイテのおなかの中にもう一人の計6人家族。
こういう脇キャラが年月を経て家庭を営んでいる様子は
前回のダヤッカ達同様にほのぼのとさせる。
と同時にシモンの肩にその責任が重くのしかかる。

20070729101344.jpg

『メカならうちで修理してやれるんだけどね・・・。』
シモンの心を直せるのはニアだけ。
そしてニア自らシモンの前に姿を現す。その表情はかつてのニアのものではない。

20070729101353.jpg


アイキャッチ
(ダリーにしてくれよぅぅ)

一方、ロシウは念願だった生態コンピューターの起動に成功。
『聞かせて貰うぞ、この世界の謎を』

20070729102120.jpg


予想通りロージェノムの生首コンピューター。
ニアとロージェノム、双方の口から語られる世界の秘密。

20070729101415.jpg


15話の『かつてお前のように戦った男がいた。』その言葉通り
ロージェノムはかつて螺旋の戦士として反螺旋族と戦っていた。
敗北を喫した彼は人間の持つ螺旋の力を封じ込め、人口の増加を抑制するために
彼らを地下に閉じこめた。螺旋の力を根絶やしにしようとする反螺旋族から守るために。

さらに、人口が100万を突破したことで発動した人類殲滅システムは
最終的に月の軌道を変え、地球に落下させるという途方もないものだった。

20070729101426.jpg


反螺旋族として覚醒したニアはシモンに別れを宣告する。

ニアが反螺旋因子を持っていたのは偶然のように言われていたが
他にもその因子を持つものがいてもおかしくない、ということだろうか?
反螺旋族の監視役という理由でロージェノムに捨てられたのが真相だと予想していたが・・。

20070729101435.jpg

都市上空に出現したコードネーム「無顔」を迎撃するシモン達。
アニキのようにただ闇雲に突っ込むだけのキャラになったのかと嫌な予感もしたが
一応ちゃんと考えてたシモン。かなり無茶ではあるが・・・。
ダリーの超正確な射撃のお・か・げ、だよね?

なんとか例のブロックの落下を防ぎ、都市を守ったのだが
平和になれきった愚民どもの不満はここでも噴出する。

20070729110817.jpg


投石で負傷したロシウ補佐官。なにやら黒い物が渦巻いている感じ。
先週に引き続いてロシウ暴君フラグだろうか。
キャラがどんどん変わっていくのは面白い反面、辛い物がある。

20070729101444.jpg

そして、市民の怒りの矛先を変えるため
シモン、タイ━━━━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━━━ホwww

そりゃないよ、ロシウ。

20070729101455.jpg


来週の予告ではコアドリルが奪われるようだが、この画面ではまた手渡してる。
ロシウがシモンに手渡しているなら、和解する流れもアリなんだろうか。
ロシウの暴君フラグが立ちまくっているので、良い意味で予想を裏切ってもらいたい。

世界の謎、というよりも人類は地下に閉じこめておいたほうが安全なのだ、
それが大きな視点で見て正しいのだ、という道理が語られた今回。

『無理を通して道理をけっ飛ばす!!』

そんな熱い展開がきっとまたやってくることを期待せずには居られない。


←良かったら1クリックお願いします。

天元突破グレンラガン(完全新作アニメーションDVD「5.5話:俺のグレンはピッカピカ!!」同梱) 天元突破グレンラガン(完全新作アニメーションDVD「5.5話:俺のグレンはピッカピカ!!」同梱)
Nintendo DS (2007/10/25)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:天元突破グレンラガン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/29(日) 11:29:27|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
<<さよなら絶望先生 第04話 | ホーム | 電脳コイル 第12話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anidrill.blog114.fc2.com/tb.php/8-6731db83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

品質評価 11 / 萌え評価 19 / 燃え評価 16 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 21 / お色気評価 6 / 総合評価 15レビュー数 182 件 螺旋王ロージェノムの予言通り、地上の人間の数が100万人になった瞬間に現れた正体不明の兵器。そして人類に宣戦布告したのはシモンたちにとっ
  1. 2007/10/02(火) 19:43:33 |
  2. ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

天元突破グレンラガン2地上の人類が100万人を越えた時、現れた兵器。まさにそれは、ロージェノムの予言どおりであった。そして、人類へと宣戦布告したその人物は・・・。
  1. 2007/07/31(火) 13:27:01 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

天元突破グレンラガン  現時点での評価:3.5~  [ロボット ドリル]  テレビ東京系 : 04/01 08:30~  監督 : 今石洋之  シリーズ構成 : 中島かずき  キャラデザ : 錦織敦史  メカデザ : 吉成曜  アニメ制作 : GAINAX  全26話  ....
  1. 2007/07/29(日) 19:55:27 |
  2. アニメって本当に面白いですね。

天元突破グレンラガン 第18話 聞かせてもらうぞこの世界の謎を

《SEO:ニア 7年後 グレンラガン レビュー 感想 第18話》
  1. 2007/07/29(日) 17:03:40 |
  2. だってアニメが好きだから

天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

今更今後の設定をグダグダと引き延ばしてもしょうがないのでサクッと説明終了。今後の展開を鑑みればこれぐらいで良かったと思います。とりあえず戦いの構造自体は至極単純なモノでしたよね。地下に人を押し込んでいたの
  1. 2007/07/29(日) 14:23:30 |
  2. angel notes.

天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

前回は気づかなかったんですが・・・ダリーがめちゃ可愛いです(*´▽`*)しっかりした性格もポイント高しwヨーコがいなくて寂しかったですが、ダリーのおかげでなんとかなりそうですw
  1. 2007/07/29(日) 14:22:13 |
  2. リリカルマジカルS

天元突破グレンラガン 第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

天元突破グレンラガン 第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」 天元突破グレンラガン2GAINAX 今石洋之 柿原徹也 Amazonで詳しく見る by G-Tools オープニングソングはいつものようにしょこたんこと中川翔子の「空色デイズ」です。 人類殲滅システム・・・ ニアがその
  1. 2007/07/29(日) 13:23:46 |
  2. +7 アニメ・声優情報局

プロフィール

anidrill

Author:anidrill
映像学科卒
アニメ、映画、漫画大好き

☆☆当ブログはリンクフリーです☆☆
☆☆関連するTBも大歓迎☆☆

お気軽にコメント残してください。
感謝を込めてお返事させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。