アニドリル

アニメを中心に映像作品全般の感想・雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クレイモア 第18話

北の戦乱 I

遅ればせながら感想をちらほら。
今回は雪に閉ざされた北の地で覚醒者狩り。
今までと違って覚醒者が徒党を組んでいるため
クレイモア側も大規模な集団戦で挑む。

そして北の地アルフォンス始まりの町ピエタ
続々と集結するクレイモア達。

20070804102320.jpg


「まるでクレイモアのバーゲンセールだな・・・。」
byベ○ータ

こんなにホイホイ出しちまってよかったのかい?

原作でもそうだったけどこの辺りの会話は
クレイモア同士の関係を描く上で必須だったんだろうけど、
どうにもテンポが悪いように感じられてならない。

20070804102329.jpg


だがウンディーネの筋肉バカのタンカはアニメでも非常に安っぽくて良かった。
このキャラは安っぽく虚勢を張ってるところがウリ。

20070804102338.jpg

20070804102347.jpg


そして風斬りのフローラ
このキャラはお気に入りなんだけど
決めのシーンの構図と演出がイマイチなせいで
なんだかな~な印象に。
基本的にほとんどのキャラで棒立ちが多いことも相まって
今ひとつ盛り上がりに欠け、印象に残らない。

それでも後半、待ってました覚醒者のみなさん。
ようやく話が進み始めた。

20070804102355.jpg


『こんばんは、ピエタの町のみなさん。そしてさようなら。』

どこかで聞いたようなセリフだけど、とってもクールな
ちょっとフリーザ似(?)の彼。

今週はクレイモアがバーゲンセール状態だったけど
覚醒者のほうも一気に三体登場。まあ最初からそういう展開で進んできた訳だが
ここで一気にインフレ来ました。
とはいえ、戦いが激しくなるのは見ててやっぱり面白い。

この作品は基本的にバトルバトルで、バトルが8割以上の
ドラゴンボールのような作品なので息をつかずに突っ走って欲しい。
失速すると途端に落ちそうな気がする。でもやっぱりインフレ対策も欲しいところ。
アニメのオリジナル展開にも期待。

↓北の戦乱篇が開始された原作第10巻はこちら
 

←よろしければこちらもポチッとお願いします。


テーマ:クレイモア - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/08/04(土) 10:50:44|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:3

ぼくらの 第16話

ぼくらの「正体」

国会でジアースの問題が取りざたされ、コモの父親の古茂田議員が
ジアースリポートをもとに、首脳部が真相をつかんでいたのかどうかを首相に詰め寄る。
20070801165030.jpg

首相はのらりくらりと質問をかわすが、ジアースに子供が乗っているという下りでは
さすがに動揺を隠せない様子が描かれていた。
今後、首相がらみで何か陰謀めいたものが明らかになりそうな予感。

場面変わって、先週自殺未遂で入院したキリエ母。
見ているニュース番組にテリー伊藤っぽい人が。
20070801165255.jpg

まあそれはいいんだけど、いきなり病室にやってきたキリエ父、
セリフ棒読みすぎでは・・・。
20070801165308.jpg

空言ばっかりいう人間だからということで、あえてこういう演出なのか?
キリエの大人っぽさが強調されてたのでよかったけど。
20070801165318.jpg

それにしても、キリエの顔の紋章については誰も突っ込まないのね。

一方、古茂田邸では子供達を助ける方法について話し合われていた。
こちらは何やら大きなどんでん返しの伏線になっているのか、少し期待。
それにしてもこれほどの重要人物達の子供が揃ってジアースと契約しているというのは
自然学校も含めた段階から裏があったのではと考えてしまう。
20070801165328.jpg

どうでもいいいが往住キャスターは随分と俗っぽいマスコミ人なデザインになってるなあ。

その後、キリエ母は例の元ヤクザのつてで再就職し、見事に立ち直っちゃったりする。
20070801165338.jpg

それを見てようやく戦う覚悟を決めたキリエに、ヤクザが激励の言葉を。

俺ら極道の世界じゃな、お前さんみたいなのが一番怖えんだ。』
『お前さんは自分を知ってる、自分を知ってる上に相手を怖がってない。』
『そうやって相手をじぃっと見てるような奴が、一番強えんだ。』

ヤクザの理屈はよく分からないが、キリエの持つ静かな強さを端的に表したセリフだと思う。
20070801165348.jpg

こんな怪しい顔してるが、ヤクザ、やっと少し役に立ってくれた。

そして始まったアウェイ戦。今回の敵はなんだかやる気満々で強そうな雰囲気。
20070801165357.jpg

しかしキリエ、運動神経鈍いからと言っていた割に華麗なフットワークで相手を翻弄。
ジアースは思考で動かすわけだから、身体能力は関係ない、
と思いつつ反射神経はやっぱり関係するんじゃないのかなあと。
そして瞬く間に相手を倒し、躊躇なくとどめを刺す。
20070801165407.jpg

すでに覚悟決まってるから当然かもしれないが、容赦なし。

戦闘終了後、ここに来て唐突にストーリーの大きなネタばらしが始まった。

名探偵キリエが死ぬ間際に語ったのは、以前から疑惑のあった未契約者の正体について。
その正体はおおかたの予想通りマチだった。キリエは状況証拠だけで断定してるようにも
見えるが、マチは図星を突かれたことで焦り、そこでコエムシが開き直って告白。
さらにマチが別世界の人間で、コエムシの妹だという衝撃の事実(笑)まで明らかに。

今回でオリジナル展開が加速し始めて、また少しずつ面白くなってきた。
マチがコエムシの妹だとするなら、コエムシの本体がどこかに居るってことだろうか。
また、最初に洞窟で出会ったココペリと戦闘時にいたココペリのどちらか一方は
異世界の人間で、もう一方はこの世界のココペリということだろうか?

首相の動向も含め、このゲームの裏に隠された真相がアニメオリジナル展開で徐々に語られ出した。

20070801165445.jpg

そして来週はアンコのターン。カンジとなにやら良いムードに?作画も良さそうで期待。

20070801165437.jpg

今度の敵は何かキモーイ!

次回、ぼくらの「情愛」


テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1 テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1
石田彰; 東地宏樹; 皆川純子; 阿澄佳奈; 野島健児; 三瓶由布子; 牧野由依 (2007/07/25)
Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)
この商品の詳細を見る


←よろしければこちらもポチッとお願いします。

テーマ:ぼくらの - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/08/01(水) 17:17:23|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0

さよなら絶望先生 第04話

ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ 

今回、前半は被DV疑惑少女・小節あびるのお話
の前に、

20070729161846.jpg


いきなり金曜ロードショーのパロディーですかw
http://jp.youtube.com/watch?v=VPPvxIFSVVA
↑さっそく比較動画上がってますが、それにしてもやってくれる。

そしてかなり久々に目にした D・V・D!! なついwww

今週からようやくOPに映像がついた。(文字だけのも結構好きだったけど)
これがまた素晴らしい。
20070729161955.jpg
20070729161924.jpg


好き放題やってるけど大丈夫なんだろうか?
毎回って事はさすがにないだろうけど、また数週で絵が変わったりしたら
それはそれでかなり凄いなあと。少し期待してしまう。

20070729161915.jpg


ステキッ☆!! それにしてもクオリティ高い・・・。

さて、小節あびるの回ですが、基本的にストーリーやネタは原作と一緒。
家庭訪問といいつつ小節父を尾行し(尾行になってない)商店の店主にあらぬ事を吹き込む。

20070729161936.jpg
20070729162613.jpg


いちご1000%(爆) 原作では確か、いちご100%と表記されていたはず。
それにしてもオレンジロードで一個小隊を壊滅させたってあんた・・・。
まあ原作通りなんだけど。
と、ここで唐突に

20070729162629.jpg


ビリーズブートキャンプwww

よくやるなあw原作通りでは古くなってしまった時事ネタの代わりにこれをもってくるとは。
ちょっとあざとい気もするが、そこがまた気に入った。

そして何故か動物園の虎の檻の中に落ちてしまったカフカちゃん。

20070729162644.jpg


空腹の虎に自らの体を食べさせて来世でお釈迦様になるお話・・・
作中で突っ込まれてるけどポジティブを超越してるなあこの子は。無駄に教養があるし。
そういえばこの話は昔、手塚治虫のブッダで読んだのを思い出した。


後半はもじもじ毒舌メール少女・音無芽留

20070729162654.jpg


カエラはパンツみせキャラっと言われ、このあと待ったなしでお約束のパンチラ。
いくらなんでも・・・いやいや良い仕事してます。原作では最後のコマに小さくパンチラだった。

20070729162723.jpg
20070729162707.jpg


携帯を使ってクラス中に毒を撒き散らす芽留は電波の届かない席に隔離され発狂。
そんな芽留に差し伸べられたカフカの救いの手はあらぬ方向に暴走していく・・・。
ポロロッカ星人と交信中

それにしてもランボーは原作でも好きなネタだっただけにそのままやってくれたスタッフに拍手。
でも実際思ってたよりテレビの規制や権利問題に引っかからずに原作そのままのネタを
やれていることに驚く。どこから線引きされているのかまだ不明瞭だが、うれしいことだ。

20070729162744.jpg


エンディング後のオマケも充実してて目が離せない。今週はカエラのパンチラ(原作と同じポーズ)
と、ファイナルファンタジー・・・・か。よくここまで凝れるなあ。

20070729162436.jpg


今週も地丹はちゃんといた。
そして恒例のイラストは、漫画家・西本英雄 なんて豪華なんだ。
京アニとはまた違ったところでのクオリティがもの凄いとおもう。この作品。
たぶん爆発的ヒットは望めないんだろうけど原作としてはこの上なく恵まれたアニメ化だと思う。

あと久米田先生、
講談社漫画賞の受賞おめでとうございます。
先週って暗号隠れてたんだね。

←ポチッと。

さよなら絶望先生 第9集 (9) (少年マガジンコミックス) さよなら絶望先生 第9集 (9) (少年マガジンコミックス)
久米田 康治 (2007/07/17)
講談社
この商品の詳細を見る

テーマ:さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/29(日) 18:17:32|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

anidrill

Author:anidrill
映像学科卒
アニメ、映画、漫画大好き

☆☆当ブログはリンクフリーです☆☆
☆☆関連するTBも大歓迎☆☆

お気軽にコメント残してください。
感謝を込めてお返事させていただきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。